PICKUP NEWS

ストレス無く夢を叶えたい!

・・・なんて事を常日頃目指している間地です。

夢を叶えるって大抵大変ですっごくストレスがあるもんだと思いますが、ストレスに弱い私は出来るだけそれを軽減したい。って思ってます。

もともと好きな事ややりたい事だから夢なんですが、ほとんどの場合その過程は一般的な平均値よりも努力の量が求められます。

「夢を見る事を楽しめるけど、夢を叶えるための壁を越えることが楽しめていない」んてすんばらしくグサッとくるアドバイスを頂いて依頼、夢を叶えることを楽しめる自分になりたいと思ってやってきているわけですが。

その1つが「タスク管理」です。

個人的に非常に忘れ物が多い性格ですので、すぐに忘れちゃいます。あと、全体的なイメージが湧かない状態で努力するのはすっごく嫌いなんで全体イメージができる方法でやらないと嫌になったり、気力がなくなったりします。

全体俯瞰を見て、ようやく目の前の仕事に集中出来るタイプってわけです。そんな自分の特性にあったタスク管理術を色々と試してきましたので簡単にご紹介します。

■7つの習慣&フランクリン・プランナー

・いわずと知れた名著「7つの習慣」の考え方をベースにしたタスク管理方法です。

・まずタスクをA・B・C・Dの4つの分類に分け、それからその日の優先順をA1、A2、A3と分けていく方法です。

・それまでタスクを「自分の人生における重要度」で分けた事が無かったため非常に勉強になりました。

・「自分の人生における重要度」で分けるため、まずは自分が何を大事に思っているか考える必要あり(これがやっぱり大変)

・自分の価値観が定まると迷いが消える。少しずつ人生が良くなっていく感じがして楽しく続けられる。

・フランクリンプランナーのおかげでタスク整理の習慣がしっかりと身につきました。それまでは何やってたんだろ?

・7つの習慣には未だに取組中。まだまだ第4・第5の習慣が身につけられない。人生をかけて身につけたい。

・人生を変えたい、良くして行きたいと真剣に考えている人にオススメの一品。

 

■ほぼ日手帳

・フランクリン・プランナーをがっつり使い出す前後に交互に使っていたのがこれ。

・1日1ページで1年分が1冊になっているので非常に使いやすい。

・1年分なのに軽い。書きやすい。自由なフォーマットで書きやすい。

・週間予定が考えにくくなったので悩みました。

・カバーが可愛くしたり格好良くしたり自由に変えられて良い。

・好きなリフィルを自由に追加出来ないところに難が有り。(当時手帳になんでも詰め込んでいたもんで)

・未だにたまに使いたくなる。なんだか愛着が湧いてしまう不思議な手帳システム。

・自分らしくふんわり手帳を使って行きたい人に是非オススメの一品。

■ほぼフランクリン・プランナー

・手作りでフランクリン・プランナーとほぼ日手帳を合体させたオリジナル手帳システム。

・革細工で自分らしい手帳カバー(フランクリンのWeeklyとほぼ日を同時に挟む)を作りました。

・更にメモにロディアを搭載(格好良いかなって思って)

・今思うとロディアが不要もしくはiPad Miniになっていればオシャレで使いやすかったかも。

・革細工を手作りしたので革臭くってちょっと嫌になりました。見た目がもっと自分らしくオシャレに

できていればずっと使っていったかも。アナログのシステムとしてはかなり完成されたレベルで

使う事ができていました。

・ただ、出世に伴い自分のタスクや予定を部下や上司に共有する必要が増えてきて、二度手間感が

出てきたので使用頻度が下がり、少しずつ使わなくなってしまいました。

■GoogleCalendarのみ

・Googleカレンダーにタスクも予定も全部入れる。というのをやっていました。

・「□顧客A−メールを送る」って感じで終日の予定に入れて管理。

・完了した予定は□を■に塗りつぶして「■顧客A−メールを送る」と更新します。

・WindowsのGoogleDesktopを使う事で常時更新&チェック可能で便利でした。

・ただし全体を見渡せない、プロジェクト事の予定を管理しにくい事が難点。(毎日こなす感じに)

私自身、やはり毎日こなす感じになってしまうと少しずつやる気が失われていく様子。

面倒でも「何のためにやっているか」を常に感じながら仕事をする事が自分をもり立てるコツと理解してきたのが

この頃です。しかし当時は便利なデジタルツールもまだまだ不足していたので、面倒だな−という感じがぬぐいきれません。

■GoogleCalendar+Toodledo+オムニフォーカス

・デジタルツールをめっちゃ使った方法です。

・Evernoteで価値観や生きる目標などをメモ、周期的に確認。

・オムニフォーカスで全体像のプロジェクトタスク管理

・Toodoledoで日々の予定管理。(すべてのタスクに時間を見積もり、2時間単位で一週間先までタスクを埋める)

・Googleカレンダーでは予定の共有のみ行う。

この方法は、とにかく準備に時間がかかりますが、それさえやってしまえば非常に確実に予定を実行できる方法です。

さらにEvenoteで価値観等を確認したうえで進めますので、人生が豊かになっていく感じがします。

ただ、かなりシステマチックな方法かつツールがちょっとかわいくない。という事、週次レビューに時間がかかって面倒。

※今思うと、週次レビューが面倒に感じている時は、進捗が遅れていたりトラブルがあるときなので、この方法自体がまずい

というわけでなく、その中のタスクの立て方が問題だったのかもしれない。

自分らしさという面では図示するような要素が無かったため、モチベが上がりにくかった。かも。

 

■そして新しい方法を探して

とにかく色んな方法を試してきたわけですが、どれもメリデメがありました。

ただ、長年やってきたことで、いくつかわかった事があります。

・自分の夢や目標達成に向かって進めていく感じが無いと嫌

・同じ方法だとすぐ飽きる(もしくは合っていないからかも)

・「可愛い」という要素が無いと嫌になってくる。

・諸先輩の方法を取り入れた上で、「自分だけ」の方法を探している。

・忙しい時、進捗が遅れて計画が破綻した時に悪い習慣になる事がある。

と、こんな所でしょうか。

今新しい方法として、毎週のタスクは「イラスト(マインドマップ)」でまとめるという方法を

始めました。これは独自の試みです。

上記に挙げた要素をうまく取り込みながらこの方法を進化していく事でストレス無く夢を叶えるという野望を達成したいと思います。

楽しくって時間忘れて取り組んでいるうちに夢叶っちゃった!って言いたい!!

ありがとうございます。

Comments are closed.