PICKUP NEWS

2012年の手帳はどうしようかな・・・

突然ですが、私は文房具や手帳マニアです。

今回の記事は只のマニアがひたすら悩んでいるだけの記事です。

くれぐれも何かを期待されている方は読み飛ばしてください。

 

■(悩み)手帳の役割の住み分け

手帳は過去、フランクリンプランナー→ほぼ日手帳→超整理手帳→手作り手帳→デジタル化と、色々なものをためしています。

手帳に求めるもの。それは、、、

  • 目標管理(夢・価値観・具体的な目標とその進捗)
  • スケジュール管理
  • タスク管理
  • アイデア管理
  • モチベーション管理

その他のメモなど色々と管理したいものがあります。

← 手作り手帳リフィル

紙が便利な時、デジタルが便利な時、一長一短あります。

スケジュールはGoogleカレンダー、タスクは手帳と自社タスク管理システム、メモは手帳とEvernoteなどすみわけていますが、なんとなくですがITツールは管理は効率よく、しかも便利に出来るのですが、クリエイターとして自由な発想が出来ない。

例えばアナログ手帳なら手書きで絵が書けたり、シールが貼れたり、素敵に飾る事ができます。

つまりは落書きしやすい。無駄な部分があえてあることでクリエイティブな発想が生まれやすいのかなと思っています。

これが、紙を手放せない理由の一つですね。

 

それもあって、アナログ→デジタル→アナログ→デジタル→・・・と行ったり来たりしてしまう事があります。

 

■(悩み)共有する必要がある。

仕事はチームで行います。となればもちろんスケジュールやタスクに関しては共有する事が良いです。

デジタルツールはこの共有するという行為が非常に効果的に行えるツールです。

自分のタスクだけをみる、部下のタスクだけをみるなど1つのツールで色んな軸で情報を

精査して確認できることも非常に便利な所です。

但し、皆で使えるツールとなると、選択の幅が狭まります。そして、クラウド対応が弱くなります。

← Androidタブレットの手書きツール

スケジュールもそうですが、タスク管理ツールに求める要素、それは「オフラインでも確認できること」です。

なぜかといえば、主に通勤途中や移動中に確認したいからです。そして地下鉄移動が多い私はオフラインで

利用できる事が必須となってきます。

 

タスクが共有出来るツールで、オフラインで使えるものもあります。但し、会社でプロジェクト単位で、

という事になるとなかなかお目がめに叶うものはありません。悩みはつきません。。。

 

■(結論)とりあえずの2012年の方法

・・・と、なんだかんだと悩んでいても答えは出ません。

とりあえず2012年の方針を決めなくては・・・という事で現状。

  • 目標管理(夢・価値観・具体的な目標(年単位、月単位、週単位)とその進捗)

     → アナログ手帳(後々にはAndroidタブレットアプリ開発して移行したい)
  • スケジュール管理

    → Googleカレンダーベース(咄嗟の時はメモ帳、iPhone・Androidへはオフラインでも閲覧・下書き可能なソフトを利用)
  • タスク管理

    → これが一番難しい所、現状は個人はToodledoを継続利用、会社ではRedmine、面倒だけどToodledoとRedmineは手作業でリンク。(咄嗟の際はメモ帳を利用しどちらかのツールに追加した段階でメモ廃棄)
  • アイデア管理

    → Evernoteが便利。会社で共有アカウントとして使ってしまっているので、超個人的な事が管理できないのがたまにきず。現状は超個人的な事はToodledoにて管理。ライフハック的に考えるとツールが分散するのは本来避けたいのですが、現状は我慢します。Evernoteの共有機能、もしくはグループ利用がパワーアップする事に期待☆
  • モチベーション管理

     → これは、アナログ・デジタル両方を使ってやります。写真や張り出しはアナログ、音楽はスマホ、動画・書籍はタブレット、それらの取りまとめ(ショートカット)が手帳になるかな。と。

欲張りすぎかもしれませんが、すべての良い所どりのツールが欲しいです!!

以上。超超個人的な悩み相談でした・・・

 

良いツールや解決方法を御存知の方、ぜひぜひ教えて下さい。

特にイケてるクラウドツールがありましたら、ぜひぜひ教えて欲しいです。

 

Comments are closed.