PICKUP NEWS

Android活用!スマホの画面は本当に大きいの?

おはようございます!

昨日お話ししたAndroidスマホの特徴を今日は少し掘り下げていきたいと思います!

さて皆様、前回お話したAndroidスマホの魅力について覚えておいででしょうか?

「え〜、そんなの覚えてないよ!」

「そもそも前の記事なんて見てないよ!」

という方も多分にいらっしゃるかと思いますので、もう一度振り返りたいと思います。

 

Androidのほうが携帯(ガラケー)より便利な所

・画面が広い!から見やすい。

アプリが沢山ある!パソコンみたいに使える

メールやカレンダーなどビジネス活用に便利!

AndroidのほうがiPhoneより便利な所

お財布ケータイモバイルSuicaが使える!(機種によります)

ワンセグでテレビが見れる!(機種によります)

ウィジェットを使って自分のホーム画面をカスタマイズ出来る!

 

はい。この6つについてご紹介させて頂きました。

スマホの画面はガラケーに比べて画面が広くなっています。

それはなぜか(?_?)

キーボード部分が無いので画面が広く取れるからですね。

画面が広いと何が良いか?

画面が広いとインターネットが見やすいですし、ビジネスのメールで文章が多いものでも「ふむふむ、なるほど」と問題なく読む事が出来るのです。

ガラケーと違いAndroidOSは色んな画面の大きさ(解像度)に対応しています。特に多いタイプが↓のもの。数値が大きいものが画面に映せる点の数が多いというイメージです。(物理的な大きさとはまた違います。)

■Androidの主流な解像度

・800×480(GALAXY SIIなどXperiaを除くグローバルモデル)

・854×480(Xperiaシリーズ・MEDIAS)

・960×540(SHARPのみ)

・1280×800(Honeycombタブレット)

また、物理的な大きさはどんなハードウェアでも対応できるAndroidでは制限がありません。例えば↓のようなことも可能なわけです。

ガラケーよりも画面が広いので、ゲームやYoutubeやテレビを見るにはうってつけ!エンターテイメント性が抜群に上がっています。

携帯でもっと動画・音楽・インターネットを楽しみたい方はスマホに乗り換えましょう♪

ただし、画面が大きければ大きいほどバッテリー消費が激しい(~ヘ~;)と日経トレンディの編集長も仰っておりましたので、購入の際にはその点もご注意下さい。

 

 

Comments are closed.