PICKUP NEWS

ASO(アプリストア最適化)について

こんにちは、Androidの間地です。Androidって男性型人造人間って意味らしいですね・・・。女性型は「gynoid(ガイノイド)」となるようです。

僕は普段パソコンが重いという理由でどんなに荷物が少なくてもキャリーバックで移動しています。一時期は腕時計型の携帯充電器をして手首がLEDでピカピカ光っていたのでロボ社長と呼ばれることもありました。会社の社長をやる上でキャラ設定は結構重要だと考えているのですが、最初は右往左往迷いました。少しお洒落な格好をしてみたり、フォーマルな場所にもキレイめの私服で行ってみたり・・・。そんな右往左往があって、今落ち着いているのはIT機器好きロボ社長でした。皆さんは自分はどんなキャラ設定で見られたいと思いますか???

 

・・・話がガラっと変わります。

私が最近興味を持っていることの1つにASOというものがありあす。ASOは、App Store Optimizationの略語で、iPhoneやiPadで動かせるiOSアプリをApp Storeで上位表示させるための手法です。 2012年3月現在、iOSアプリの数はおよそ60万本と言われており、App Storeの検索結果で、いかにライバルを押しのけて上位表示させるかは、アプリの販売結果を左右する大きな要因になっています。

私は以前からSEOコンサルタントとしても活動しており、ホームページやWEBコンテンツはやはり見られてなんぼ。見られるためにするべきことについて調べ、実際の閲覧者の動きから更にコンテンツを改善していくというWEBマーケティングにも興味を持ち取り組んできました。ASOは新しいスマートフォン時代の最適化手法であり、アプリを作るだけの会社では上に行けない時代が来つつあると思います。ASOはアプリ開発、これからのコンテンツ開発会社にとって必須のスキルになるといっても良いと思います。

ただ、まだまだ法則性や効果が明確になっていないASOですから、これから研究を重ねてあの手この手でノウハウを確立させていく市場になるかと思います。

ちなみに、ASOとして現在言われているのは下記のようなことです。

「テキスト要素」「人気度」「評価(レーティング)」

「テキスト要素」については、通常のSEO対策と同様ですが、アップルのApp Store、Androidマーケットの各ストアがグローバルなマーケットであることを考えると、内容はもちろんのこと、多言語化も必須要素になってきます。「人気度」については、インストール数、アインストール数のデータが元になっています。「評価(レーティング)」については、ユーザレビューの数と評 価がポイントです。

SEOに関しても言える事ですが、本質的には「良いものを作ること」これが一番大切です。その上で、検索されやすい手法についてもしっかりと抑えて、機会損失が無いように最適化しましょう。

 

最後に・・・ASOの検索順位チェックツールで無いでしょうか???作ることは・・・できないかな???

Comments are closed.